化粧水メーカーはそれぞれ強みが違う

MENU

化粧水メーカーはそれぞれ強みが違う

 

ホテルによって、使用されている化粧水って全然違いますよね。
私がよく遊びに行くディズニーホテルでは、資生堂が多いですね。
資生堂の化粧水というのは、私の中では『肌が綺麗な人が美肌をキープするのに良い』というイメージがあります。
だからこそ、肌トラブルを抱えている人が使用すると、あんまり合わないという印象があります。
肌が綺麗な人向きの化粧水かなって思います。
逆に肌に自信がない人は、他のドクターズコスメを使用したりする方が向いている気がします。
それぞれのメーカーさんによって、得意としている分野っていうのは違いますよね。
カネボウとかは、白斑問題で、化粧水の信頼が落ちてしまったのが痛いですよね。
カネボウはデュウシリーズなんかは、本当に乾燥肌の人にはすごく支持されている化粧水ですからね。
一回肌トラブルの問題が大きくなってしまうと、信頼に傷がつくから大変です。
私もいまだに他のシリーズはカネボウでも安心感がありますが、美白はちょっと避けたいイメージが出来てしまいました。
化粧水はイメージも大事ですから、カネボウにとっては本当に大きな損失でしたね。
美白系のコスメがそれだけお金になる市場なんでしょうが、失った信頼を取り戻するのは大変だと思いました。